営業の上司と部下

祭り前に飛び込みの営業がやってきた。
近所で工事をしている外壁補修(塗装)の業者だった。
来たのは、新人か、もしくは入社数年というところの若い現場担当者だった。
家も15年を過ぎ、そろそろは補修は考えなければと思っていたので、今年はやらないよ、それでもいいなら見積の説明を受けてもいいよ、ということで祭り後に話を聞くことにした。

約束通り、2日前に電話があり、来るとのこと。
営業トークに気になるところが多かったので、どちらかというと営業指導でもしようかなという親心的な気分だった。

時間通りにやってきたので、1階のマイルームへ通し、話を聞く。
近所で工事中で、9月に終わるので、会社からは職人を遊ばせないよう営業するように言われて・・・

だから、そいういう会社から言われてと言うような言い方はダメなんだよという機会をうかがいながら、外壁塗装のランクや耐久年数などの話を聞いていた。

玄関のベルがなると、「あ、うちの上司かも」とY君(とする)が言い出す。確かにそうだった。これは、営業のシナリオだなと当たりをつける。

部屋に通した上司は、「どんな提案をしたの」といきなりY君を問い詰める。
Y君、「○○を提案しています」
上司「なぜ、それを提案するの。いや、ご主人・・・」

と、いきなり担当のY君の説明を打ち切り、自分の提案を話し出す。

なんじゃこりゃ。シナリオにもなっていない。
上司氏は、自分の提案の資料が見つからず、Y君にお前も持っていないのか、車にいってとってこい、とY君の存在が消えつつあった。

その後は、Y君に提案では、見栄えが悪く、今現在のやるんだったら、この提案が安く、かつ、きれいに出来るという。

つまり、Y君の提案は、今じゃなくても出来る提案だったわけで、会社としては、9月にやって欲しいと言うことが見えてきた。

申し訳ないが、Y君にあらかじめ言ったように、今年はやらない。補修については、きちんと計画を立てているので、Y君にはそのための提案をお願いしたんだ、等々一応説明する。

結局1時間弱で帰って行ったが、玄関を閉めるとき、外で上司氏がY君にブツブツ言っているのが聞こえた。

長くなったが、自分の感想は以下。Y君がもし、今後電話等でアプローチしてきたら、話そうかと思うが・・・

1)俺の希望を聞いて、それに対応してきたのはY君。
2)上司氏は、客(潜在客だが)の前で、担当者の提案を一方的に切り捨て、自分の都合のいい提案をし出すが、この段階で、客である俺の気持ちは否定的になった。
3)結局は、客の希望ではなく、自社の希望を提案しただけで、元々話を聞いたY君に何のフォローもせず。

若い(経験不足)のY君を心配したのなら、事前に提案の内容を確認し、よりいい提案にすべきであり、客の目の前で、自分の部下を叱責し、かつ、一切彼に説明をさせないような会社は信用できない。
あれは、なんだったのか・・・と不思議に思う。

客の立場に立てない、経験だけの上司の悪い見本だと言うことで、記録。

Filed under: 日記・コラム,経営・コンサルタント — みやび仁(管理人) 9:15 PM
2014年8月
« 7月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
              
クラウド活用
目から鱗のTODOサービス
現在の私の超お気に入り
Nozbeです
Nozbe
              
Amazonで小説家デビュー
完全な長編小説(電子書籍)
です。 すべての原点かも(*^^)v
              
私の共同執筆本です
Nemoto Masaaki

  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

管理用