ネット問い合わせの対応

家も築12年くらいになり、あちこちガタがきはじめたなあとは思っていた。

その最初に来たのがユニットバスの換気扇。

随分前から音がうるさくなっていたので、何回かねじを緩めたり、掃除をしたりしてきたが、異音というか騒音になってきてしまったので、家族会議開催。

うるさすぎるので交換しかないだろうが、メーカーに依頼するとバカ高いという経験から、地元で電気や水回りの修理をやっているところに頼んでみようということになった。

ネットで調べるとホームページもあり、浴室の換気扇の取り替えなども書いてあるので、問い合わせメールアドレスから申し入れたのが金曜日。

連絡がない。金曜の夜、念のため再度メール依頼。

土曜日も音沙汰がないため、ネット検索。結構日曜大工でやっている事例もあったが、電気工事を伴うことから、やっぱり専門家に頼むことに。

今日(日曜)の朝、しびれを切らし、割とこの辺でチラシが多いリフォーム会社にメール。営業時間は9時からと書いてあった。

9時半にメール返信あり。

再度メールし、10時に出かけるので電話でと携帯をメール。

すぐ、メールが返ってきて、担当の予定を調整中なので、追って電話しますとのこと。

10時過ぎに電話があり、現場を確認し見積もりをしたいとのことで11時には行けるとの連絡。

そして、11時に現場を調査し、代替品を確認、15時には見積もり連絡があり。

もう、ここに頼むことに決めていた。

頼みますと言うと、16時には契約書をもってやってきた。

数十万からのリフォーム事例がたくさん載っている会社だが、3万程度の工事にこの素早さ。

ネット時代の商売にとって、いかにレスポンスが信頼と安心を得られるか、自ら実感した。

すぐに対応できないなら、メールアドレスなど記入すべきではないし、ホームページをもつべきでもない(-.-)

Filed under: 経営・コンサルタント — みやび仁(管理人) 10:21 PM
2012年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
              
クラウド活用
目から鱗のTODOサービス
現在の私の超お気に入り
Nozbeです
Nozbe
              
Amazonで小説家デビュー
完全な長編小説(電子書籍)
です。 すべての原点かも(*^^)v
              
私の共同執筆本です
Nemoto Masaaki

  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

管理用