プチ幸せ:懸賞と宝くじ

今日は、忘れていたオータム宝くじを売り場で当たり確認をしてもらった。

すると、3000円のあたりが入っていて、3300円の回収となった。3000円の投資で10%の利息をつけてもらったようなものだ。

即座に年末ジャンボを買ったのだが。

夜は、仕事が残ってしまい、さっき帰宅。

すると、自分の机の上に宅配便が置かれていた。

デビッドカード・トクトクキャンペーンだそうだ。

最近よく見る「シリコンスチーマー」とレシピ本が入っていた。3等賞とのこと。

そういえば、ipadを衝動買いした時、デビッドカード支払いにし、その時はがきをもらって出したんだった。

まったく予想もしていなかった当選で、かつ賞品にこんなものが入っていたことすら覚えていないくらい。

まあ、当たったというのはちょっとうれしい。

ちょっと写真が暗いが、こんな感じ。

同日にということもあり、ちょっとずつうれしかったので。

Filed under: 日記・コラム — みやび仁(管理人) 10:26 PM

弁証法

弁証法と言う言葉を聞いた時、学生時代を思い出した。

確か、ヘーゲルが有名だったよなあ、と考えながら話を聞いていった。

ところがそこで「ハッ」とすることになる。

弁証法をシンプルに説明するものに「正・反・合」という言い方がある。

どんなものにも、相反するものが現れる。それが矛盾となる。

しかし、その相反するものを、妥協せずに検討し続けることで統合するものが現れる。

これがアウフヘーベンであるとする。

どんなものもいつか矛盾が生じるということが、ドラッカーの言う「変化の発見」に繋がるのではないか?と閃いたのだ。

その変化を見つけ、変化に対応することで「イノベーション」が生まれる。

つまりそれがアウフヘーベンに繋がるものではないのか。

矛盾が統合され「合」なった後も、それ自体が「正」となり、再び「反」を生じる。

この繰り返しが歴史であり、諸行無常の世となるのであるとの説明に繋がっていく。

イノベーションの機会とは、自ら矛盾を生み出す瞬間を捉え、それを自分の強みに結び合わせることで、新たな世界を生み出すことなのだ。

弁証法で説明することが、イノベーションの説明になっているように思う。

何かが頭の中に蠢きだした。

Filed under: ドラッカー,経営・コンサルタント — みやび仁(管理人) 10:23 PM

勝利と1日の終わりに

今日は、大学ラグビーの1回戦、我が筑波大学が東海大を破り、新たなページを開く一歩を記した日だ。

次の一歩は25日の明治大戦になる。この戦いを制すると国立の舞台へと進むことが出来るわけだ。

今日の勝利も最後は薄氷を踏むほどのギリギリの戦いだったが、やってくれそうな気がしている。やってほしい。

そして、日曜の夜。

女房が突然久米宏の番組を見たいと言いだした。

テーマは、最後の種明かしで「東京にはブスッとした女性が増えている」ということだった。

内容としては、東京にあこがれない人が増え、地方で幸せを感じながら暮らす人が増えているということだった。東京一極集中を解消すべきという久米宏の思いからのテーマだったのだと思う。

確かに、東京に暮らすことが人から笑顔を減らしているとしたら、地方に移住して暮らすという選択肢もあるということだ。

でも、そうなんだろうなあと頷いてしまう自分がいた。

同じ街、同じ通りに住む人が全く見ず知らずの人たちばかりだという非現実的な現実。幸い自分は、下町の人付き合いが多い地域に住んでいるから救われているが、東京という都会は人を分断していると思える。

東京一極集中に無理が出ていれば、アンチテーゼとしての地方で暮らす幸せということに向かうのだろう。そして、新たな日本人の生き方に繋がれば、新たな世界に繋がるのだろう。

すべては弁証法的に変化する。

そんなことを感じた1日だった。(ちょっと大層な言い回しになってしまったかな)

Filed under: ラグビー,日記・コラム — みやび仁(管理人) 10:28 PM

反省中:ブログに色気を出してしまった

色気と言っても、変な写真を載せたわけではないが、まあ、精神的な懺悔をしている。

こちらのブログともう一つアメブロを並行して書いていた。とりあえず、あちらはコンサルタント版と称し、それなりに分けて書こうとも考えていたのだ。

しかし、しばらく放って置いたアメブロについて、特にコンサル系の人たちから「アメブロは良い」との声を聞くようになり、ちょっと気になっていた。

ある時、メルマガの記事から「アメブロで稼ぐ」というような内容の講座サイト?へ誘導された。

結構なボリュームの内容をそのまま実践すると、つまりはアフィリエイトでの収入が結構期待できると言うものだった。

そこで出たのが色気ともいうべき「欲」だ。

まあ、言われたとおりやってみるかと真面目にはじめた。

内容は、いつものブログなのだが、まずは読者を増やすとの言葉通り「ペタ」をしまくり、返ってきた相手には「読者申請」をする、などを実践。

それから次のステップにいって、やっと目が覚め始めた。

そこでの紹介は、アフィリエイトにつながるような商品の選び方や紹介文の作り方だった。

リライトというらしい。

つまり、他の紹介文を自分の言葉で書き直すというものだ。

やっとわかった。

最近、何かの説明を検索すると、なぜか似たような文章のサイト・ブログに行き当たると思っていた。

なるほど、そんなことか・・・・俺がやろうとしていたんじゃないか。さすがにリライトで使ったこともない商品を紹介しようとは思っていなかったが、動機は一緒だ。

ということで、マイホームで懺悔します。

あちらは、週末にでもお断りを入れ、更新はやめようと決意した次第m(_ _)m

Filed under: 日記・コラム — みやび仁(管理人) 10:02 PM
2011年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
              
クラウド活用
目から鱗のTODOサービス
現在の私の超お気に入り
Nozbeです
Nozbe
              
Amazonで小説家デビュー
完全な長編小説(電子書籍)
です。 すべての原点かも(*^^)v
              
私の共同執筆本です
Nemoto Masaaki

  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

管理用