東京マラソン落選組

今日は東京マラソンだったようだ(-.-)

初回から、ずーっと応募してきたが、4連続落選したというのは、このブログでも報告済み。

今日は天気もいいので(ちょっと暑いくらいか)、銀座あたりまでぶらつくかと思ったが、東京マラソンのコースを横切ることになるので止めた。

たしか、初年度にずーっと向こうにわたれず、30分近く迂回したのを思い出したのだ。

まあ、悔しいというのも半分か。

夕方になり、清澄通りを北上し、清洲橋通りを戻ってくるウォーキングコースを歩くことにした。

既に、東京マラソンの立て看板も取り外す時間帯だったが、やたらとランナーが走っている。

いつもこんなにいないよなあ、と思ってみて気づいた。

きっと、彼ら、彼女らも東京マラソン落選組なんだと。(勝手にだけど)

仲間意識が芽生えてきて、ああ俺も一緒に走って愚痴りたいなあと思いながら帰ってきた。

おまけに、花粉症らしい連続クシャミと鼻グズを連れ帰ってきてしまった。あーあ。もう、応募しないからな。

Filed under: スポーツ全般 — みやび仁(管理人) 6:18 PM

東京マラソン2011 抽選結果(落選)のお知らせ

このたびは東京マラソン2011にご応募いただき誠にありがとうございました。
お陰様をもちまして定員を大幅に上回る申し込みがあり厳正なる抽選を行いましたところ、誠に残念ながら今回はご意向に沿えない結果となりました。
————————————————–
東京マラソンの初回から4年続けて申し込んでいるが、4回とも落選(*_*)という結果に終わった。「今回は」ではなく、「今回も」なんだけどね。

昨年の落選でもうフルマラソンは止めようと考えたが、まさに最後の最後として、申し込んだ。

すでに、ラグビーを再開し、試合後はしばらく走れなかったり、平日走ることが難しくなっているため、最後のチャレンジだった。

やはり、無理するなと言う天の声なんだろう。

運動はラグビーに集中しよう。そういう意味では、吹っ切れた。

それにしても、4年間も毎年応募しているのに、参加できない大会っていったい何なんだろう。
運が悪いと言ってしまえばそうなんだろうが、それだけが悔しい気もする。

宣言:フルマラソン完走5回を持って、マラソンランナーを卒業します。

ベスト記録:4時間14分59秒(ネットタイム) 東京・荒川市民マラソン(2004年)にて

完走した大会:小笠・掛川マラソン(2001年及び2002年) 2回
        東京・荒川市民マラソン(2004年及び2006年) 2回
        かすみがうらマラソン(2006年) 1回

Filed under: スポーツ全般 — みやび仁(管理人) 8:10 PM

やっぱり暑さには要注意

昨日の練習は、暑い中だったが、割と楽に出来たこともあり、特に疲労は残っていないと感じていた。

まあ、右肩が上がらないので、中途半端な形でタックルに入ったときの打撲や擦り傷はある程度だ。

今日は、診断士としての共同出版の原稿の見直しと再開したホームページでのラグビー型経営論を進めていた(公開は未だですが)。

15時過ぎにはさすがに目と頭が疲労困憊になったので、気分転換に走ろうと思い立った。未だ、暑さは残っているが、ゆっくり走って、途中で給水すればいつも通りで大丈夫だろうと考えたのだ。

5kmの折り返し地点(吾妻橋)から上に上がって給水(スポーツドリンク)して、復路に入ったが、足が極端に重くなった。駒形橋・厩橋と過ぎたところで、これはまずいかもと気づく。身体全体が重くなっている。

蔵前橋で歩きに替える。いや、すでに走れない。

暑いとは言っても、これほど身体が重いというのはおかしいと思い出す。しばらく歩き、今度は水を購入。ふと気づいて、頭から首筋に冷水をかけてみた。

すると、急にからだが落ち着いた。後ろから直射日光を浴びていたせいで身体のコントロールがきかなくなっていたのかもしれない。

危ないところだった。

その後、自宅近くまで歩き、少し走ってみると、両足の筋肉がけいれん寸前。これは、筋肉自体の脱水症状のようだ。

ということで、まだまだ、不用意に日中走るような無理をするのは、特別な人以外止めた方がいいようだ。

Filed under: スポーツ全般 — みやび仁(管理人) 9:29 PM

東京マラソン2011

これまで抽選で3度落選し、一度も出場できなかった東京マラソン。

ラグビーも再開したことから、フルマラソンの練習は無理だろうと思い、もう止めることにした・・・・つもりだった。

しかし、地下鉄の駅で「東京マラソン申し込み受付中」を見てしまったのだ。そうか、まだ申し込みは間に合うのか・・・・

最後のチャレンジをしよう。また、やらねば虫が騒ぎ出してしまった(^_^;)

で、Runnetでネット申し込みを完了。4度目の正直になるだろうか。今回、落選すれば、たぶん2度とフルマラソンにはチャレンジすることはないだろう。

だから、ランニングの神様。最後のチャンスをください。東京の街を駆け抜けてみたい。

明日から走りだそう。

Filed under: スポーツ全般 — みやび仁(管理人) 10:08 PM

ハムストリングスを器具無しで鍛える

直ったと思っているハムストリングスの肉離れだが、どうも違和感が残っている。

骨などと違って、怪我によって強くなることはないという。

とりあえず、トップで走らないようにしているがこのままでラグビーを続けるわけにはいかない。

そう、鍛えるんだ。

ただ、一番難しいかも知れない。

基本的には、レッグカールなどのジムのマシンが手っ取り早いのだろうが、なかなか行けないのも事実。

そう言えば、座るのも辛かった頃、リハビリ等の検索をしまくっていたことを思い出した。メモが残っていた。

1)仰向けに寝る
2)若干ヒザを曲げ、かかとで支えるようにしてお尻を上げ下げする
3)両足から、片方の足を上げて、片足で同様にする

やってみた。

まさしくハムストリングに効いているのがわかる。きつい。

ということは、効果ありだろう。

片足10回づつ3セットに挑戦。

肉離れしていない左足で何とかOK。右足はきつい。

どの程度の効果なのかはよくわからないが、確かに効いている感じはわかるので、これでいこう。

正直、こんな簡単なことで鍛えられるのか疑心暗鬼だが。

Filed under: スポーツ全般,ラグビー — みやび仁(管理人) 10:34 PM

祝!日本ラグビー試練の時

2016年オリンピックに7人制ラグビーが正式種目となった。

2019年はワールドカップの日本開催も決まっているということで、この2つの大イベントに向け、日本のラグビーがどう進んでいくのかが問われている。

もちろん、世界レベルでは7人制と15人制では違ったスポーツと言ってもいいかもしれない。基本技能は同じでも、戦略・戦術がまったく違うと思っている。

そんな中で、今の小学生や中学生にチャレンジのチャンスを与えることができるのだろうか。

パーフェクトTVに売ってしまったらしい主要ラグビーマッチの放映権を一般のTV放送に復活させるのもその一つだと俺は思う。

ラグビーを見るチャンスがなければ、底辺は広がらない。

有料のJ-Sportsのラグビーを見る人は、限られていると見た方がいい。

俺は、高校入学前にテレビでラグビーを見ていなければやっていなかっただろう。

そして、学校頼みの仕組みからも早々に脱却しなければ、チャンスの芽を摘んでいるだけだ。地域でがんばっているクラブチームを応援し、ジュニアチームの充実とクラブチームのままでがんばれるクラブ対抗戦の充実も必要だろう。

ラグビー部のない高校に入っている高校生や高校に入っていない同世代にダイヤモンドの原石はある。

俺たちがやるべきことはそこにあるのではないだろうか。

高校や大学で分断されないシステムを作っていこう。

それは、ラグビーに限らないと思っている。

Filed under: スポーツ全般 — みやび仁(管理人) 9:55 PM

地域スポーツクラブのマネジメント

スポーツと地域のネットワークと称している活動に詰まってしまった話は先日書いた、と思う。

以下前回も同じようなことを書いているが、今回は本を読んだ報告だ。

切り口を変えようと当初から対象外としていた総合型地域スポーツクラブという施策に戻ってみたのだ。

その時、偶然見つけたNPOの事務局宛に話を聞きたいとメールを入れたのだった。

その結果、会って話をすることになった。

銀座の喫茶店で初めてあったその人はまさに体育会系で、いかにもサッカー選手だった。

本人は、個人でスポーツクラブを支援する事業を行っていた。

その熱い思いは心を打ち、また、話せば話すほど同じ方向を見ていると感じさせてくれた。

現場でのギャップについてもヒントを貰ったのだ。

その彼、谷塚氏は標題にある「地域スポーツクラブのマネジメント」という本を昨年出版しているのだが、本業の行政書士の知識を活かし、実践的な指導書になっている。

以下に、アマゾンのアフィリエイトをブログに載せられるツールを見つけたので、試しに谷塚氏のこの本を貼り付けてみる。興味のある方はどうぞ。

スポーツクラブにとって、行政や地域への対応や税金の問題など、あまりに複雑な「雑用」のため、先に進めないという現実を感じさせられた。

知らないために、多くの無駄なことが起こっているという話も納得がいった。

Filed under: スポーツ全般 — みやび仁(管理人) 9:11 PM

スポーツマネジメント

半年前、大々的に大風呂敷を広げたときは、スポーツマネジメントという言葉を使っていたが、スポーツビジネスのマネジメントのイメージが強すぎて止めたのだった。

ところが、ここへ来て、少し違った意味で復活しそうだ。

スポーツクラブが活発に活動するためには、数々のやっかいな作業や処理がある。

ところが、スポーツクラブというのは、スポーツ活動に集中しているので、よくわからないまま、やっかいなものとして言われるまま、なすがままにしているところが多い。

これは、非常に問題だと気づいた。

知らないから何となく税金を納めていたが、知っている人に言わすとまったく払う必要のない税金だったりすることが結構あるというのだ。

そんなことがあまりにも多いらしい。

スポーツクラブのマネジメントは、意識して行うことからがスタートなのかもしれない。

日常処理をサンドイッチして、本来のマネジメントを支援すると言うことは、非常に重要なのではないかと気づいてしまった。

また、我が大騒ぎが始まる予感がする。

Filed under: スポーツ全般 — みやび仁(管理人) 10:14 PM

スポーツマネジメント

過去に似たような言葉で大騒ぎしていたが、最近はスポーツと地域などと大人しくなっていた。

だが、壁にぶち当たり動きが取れなくなりつつあったので、切り口を変えようと探してみた。

元々、文科省の助成金をばらまく施策かと思って失敗事例と思っていた、総合型地域スポーツクラブの事業のネットワークがあった。

コンタクトしてみた。

今日、そこの理事と会ってきたのだが、目から鱗が落ちまくりの話しだった。

彼自身が、行政書士の資格をフルに利用し、スポーツクラブの支援を行っているが、知る人ぞ知るこの道の大家になりつつあるようだ。

まさに熱い。

そして、方向性はまったく同じ。手法ができているということが最大の強みだろう。

切り口を変えることの重要性を思い知った。

専門化によるスポーツマネジメント「REGISTA.LLP」は、是非紹介したい。

代表の谷塚氏がノウハウを持っているが、本も出して紹介している。

あるレベルまでは、支援者組織の全国展開も可能ではないだろうか。

また、思いがごった煮状態になっている。何か生まれてくるか?

マネジメントの面で貢献できるかもしれない。

Filed under: スポーツ全般 — みやび仁(管理人) 9:36 PM

リーダー

やや酔ったままだが、忘れてしまいそうなので書き込んでおこう。

今日は、スポーツと地域のネットワーク準備委員会を開催した。

予想に違わず、もっと具体的に絞り込んで、などの注文が頻出した。さもありなん。

ただ、帰宅時にふと気づいたことがあった。

リーダーとして、方向性を示すべきなど、注文を受けた。受け続けている。

このネットワークにしても、このままでは動かないというのは間違いない。それは、俺が動かないからだろう。

受け身だという指摘も、正しい。

でも、小学校、中学校、高校、大学、そして、社会人になってさえ、常にリーダー的な座にいたことを振り返る。

なぜだろう。

なぜ、俺は、キャプテンや生徒会長、リーダーなどを期待され果たしてきたのだろう。

やっていることも、何ら変わっているわけではない。

ネットワークが難しいわけでもない。なぜ?なぜ最近、リーダー失格か?という状況にあるのか?と割と悩んでいた。

今日は、小学校から高校まで部活まで一緒だった奴を誘ったのだが、彼を見ていて思い出した。

俺は、リーダーとしてやってきたチームが、すべて、勝手に自分で動くメンバーだったということだ。

高校のラグビー部なんて、ホントにそうだった。

キャプテンをやってくれとみんなに懇願されたとき、誰も言うことを聞かないから絶対ヤダと言ったのを思い出す。

中学時代のサッカー部や生徒会での問題も、大学のラグビー部もみんな強烈に暴れ回る奴らだった。

俺は、何か、リーダーシップというような大上段に構えたことをしたことはなかったんだ。

そう、みんなが自分で暴れ回っていたのを方向づけて結果的に抑えるということくらいだったのだろう。

人には得手不得手がある。

俺が待っていると言うより、リーダーが方向性を示すまで動かないメンバーのリーダーをしたことがなかったという、割と簡単なことに気づいたのだ。

人の言うことを聞かず、自分で動いてしまうような奴らが集まっているチームを方向づけるのが、俺の強みとするリーダー役だったのだろう。

うまくいかないことがよくわかったような気がする。酔いが覚めてからゆっくり考えよう。

Filed under: スポーツ全般 — みやび仁(管理人) 12:00 AM
2017年10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
              
クラウド活用
目から鱗のTODOサービス
現在の私の超お気に入り
Nozbeです
Nozbe
              
Amazonで小説家デビュー
完全な長編小説(電子書籍)
です。 すべての原点かも(*^^)v
              
私の共同執筆本です
Nemoto Masaaki

  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

管理用