今日という1日の成果は?

GW前から飲む機会が続き、その中に大酒飲みの会が入ってしまったため、アルコール耐性が弱ってきているような気がしていた。
歳のせいか、飲み会が続くとあっという間に二日酔いラインが低下してくるようだ。

GW中に休肝日を作ろうと思ったが予想通り断念。

そして、今日はなんと完全無アルコールの日となった。正直言って、そろそろハレとケのメリハリをつけた生活をすべきかもしれない。
飲む日と飲まない日をきちんと分けて、年初に目標を立てたように、極力二次会へは行かないとしよう。
改めて、反省と再目標化をしたというのが、今日の成果としよう。

さあ、明日は同期の飲み会なので、大人な飲み方ができるよう心して臨もう。

Filed under: 日記・コラム, — みやび仁(管理人) 9:31 PM

浜松町でミーハーとなる

昨夜は、Facebookで再集合した往年の飲み会メンバーでの飲み会(^_^;)

遠方から来たメインゲストが浜松町に泊まるとのことで、浜松町へ。

壱岐島の店を出て、それじゃ、秋田屋でも行くかと移動したが、早々と閉店だと断られた。

途方に暮れたオヤジ4人が目にしたのが、なんたら横町という屋台村みたいな建物。

銀だこやハイボール屋が目立つ。まあ、ここでいいかと入ると、なぜかステージがある。

しばらくすると、若い女の子が2人、ライブを始めた。

震災復興のために結成されたユニットだとか。

なかなか、可愛いし、割としっかりしている。

酔っているオヤジにとっては盛り上がるシチュエーションだ。

結局、CDも買って、写真を一緒に撮り、握手をして別れた。

面白かったとFacebookで盛り上がったついでに検索すると、miuというユニットのページの他に個人のブログページもあった。

アメブロだった。アメブロはコンサルタント版と称しているのだが、思わず我を忘れた。

読者申請とメッセージを入れてしまった。いかん、ミーハー化した(^_^;)

miuの公式ページ:http://miu-blog.syncl.jp/index.php?p=profile

中里真美:http://ameblo.jp/mamiusagi/

高橋愛梨:http://ameblo.jp/airi-takasaki/

Filed under: — みやび仁(管理人) 10:36 PM

遠方より友来る

今日は下関から出張してきている友人との飲み会を急遽開催。

Facebookの秘密グループで単に飲み会をやるだけのグループを作っている。

かつて、Wizliという会員制SNSでオフィシャルにまでなってしまった同様の飲み会の原初メンバーを中心にひっそりと(当日は大騒ぎだが)行っている。

そのメンバーの一人が下関にいるのだ。

急遽開催のため、4人くらいになりそうだが、そのくらいがベストの人数かもしれない。

久しぶりの開催と言えば、2004年に仕事の関連団体で行った海外調査団のメンバーと1年に一度の懇親会を開いているのだが、今年も実施することで場所も決めた。(今、案内状作成完了)

調査団の回ったイタリア・ドイツ・イギリス・フランス関係の店を中心に毎年開催しているその名前もヌーボー会。パリに入った時がちょうどボージョレヌーボーの解禁日だったこともあり、毎年その日の次の日、つまり11月の第三金曜日に行って8回目になる。

なぜ、ヌーボー解禁日の次の日かというと、メンバーが当時も、札幌、仙台、名古屋、香川など全国にいて、かつ単身赴任も多かったことから、東京での金曜日開催が最大希望公約数だったのだ。

そして、今年もヌーボー解禁日11月17日の次の日18日に開催。

ただし、今年はそば会席で日本回帰だ。

ちなみに、この幹事は永久に私の担当(^_^;)になっている。

Filed under: 日記・コラム, — みやび仁(管理人) 5:54 AM

長編小説「苦き泡」電子書籍として公開

忙しいときに限って、いきなり新しいことをしたくなるのが、癖なのか・・・

10年前から書き出し、2年前に新人賞に応募した小説を電子書籍サイト「パブー」で有料公開しました。100円ですが、半分までは無料で閲覧できます。

実は、週刊発行の「居酒屋で経営の基礎知識」メルマガのメイン、経営知識小説の登場人物はこの小説で出てきます。

つまり、原点なんです。

「苦き泡」

まあ、ご笑覧あれ。

Filed under: 日記・コラム, — みやび仁(管理人) 10:39 PM

Bar酔虎伝

23日に書いているが、「Bar酔虎伝」が到着。

20年くらい前に読んだのではないかと思っている。

もしかすると、バーへ行きだしたのはこの本がきっかけなのかもしれない。

しかし、この本の最大の影響は、現在も書いている「居酒屋小説」スタイルの下敷きだったということだ。

10数年前、テキストエディタでホームページを作っていた頃、「居酒屋みやび」という文章を書いていた。それがまさにこれの模倣だった。

毎回、居酒屋での他愛もない会話を中心に、日本酒の蘊蓄や肴の話題を入れていた。

それが高じて長編小説大賞への応募までしてしまった。その登場人物・背景を残して、今の「居酒屋で経営の基礎知識」メルマガ小説に繋がっているのだ。

と言うことで、その「Bar酔虎伝」を再度紹介。アマゾンで売っているのだが、なぜか画像が無いので画像も載せてみます。

今、アマゾンにもアップしましたので、現在の画像は私のものだと思います(自慢?)

Filed under: 日記・コラム, — みやび仁(管理人) 6:01 AM

酒に関わる本

会社に入って数年間は、酒の蘊蓄やら雑学の本を読むのが趣味の一つだったのを思い出した。

それも、昨日、古ぼけ始めた蔵書の自炊を再開した結果だ。
「酒仙」「オンリー、ロンリー、バーボン」「日本酒」「SAKE面白すぎる雑学知識」「酒との出逢い」と次々に裁断し、スキャンした。

結構捨てた本があるはずなのに、酒に関わる本は大事にとっていたようだ。

まだまだある。好きだったんだなあ。

そんな中、そういえばと思いだしかかったのが、ゴードンジンを「ゴールドン」と言っているマスターが登場するバー小説だった。

題名が思い出せず、本棚にも無い。確か、会社で誰かに貸したまま返ってこなかったという記憶がかすかにある。

そう思うと思い出さずにいられない。

バー小説やゴールドンなど思いつく単語で検索。ヒットしない。

ふと、虎という名前が浮かぶ。まさか、虎キチだったかなあ・・・と検索。100ページくらい眺めたがダメ。

諦めかけた頃、居酒屋チェーンらしい名前・・・そうだ「酔虎伝」だ。

酔虎伝でAmazon検索すると、ヒット。その名も「Bar酔虎伝」。表紙画像も載っていないが、在庫有り。即注文。

ということで、たぶん今日には配送されるはずだ。20年くらい前の本だと思う。

Filed under: — みやび仁(管理人) 5:51 AM

ローペース

ちょっとこのところブログを書くという気持ちが弱まっている。

テーマが散漫になっているのが原因との分析もある(誰がした?)が、決めつけで書くのも何だかなあというところ。

飲んで書くのは自己規制中だが、今日は早々飲んで帰宅。寝る前に、Facebookを見ていて、ブログを思い出した。たまに書いておかないと存在を忘れられてしまう(^_^;)

今日は、大森の駅前の焼鳥屋?で会社の仲間と飲んできたのだ。

実は、入院している方のお見舞いをして、その流れなのだが、初めてのメンバーもいたため、盛り上がって、即解散。おおー。大人の飲み会だ。

とはいえ、今週も連続の飲み会。週末も飲む機会が続くので、要注意だ。若干、胃に不安が出てきた。胃炎、胃潰瘍、そして胃ガンという流れをたどらないように気をつけなければ。

目標は、96歳まで現役で、もちろん、最後まで酒好きな奴だったと言われたいので、それなりに体調管理をしていこう。(ちなみに96歳はドラッカーの亡くなった年齢なので目標としているのだ)

Filed under: 日記・コラム, — みやび仁(管理人) 9:46 PM

飲酒日とブログ

肝機能について書いたところだが、ふと、ブログの横のカレンダーを眺めていて気づいた。

今月は、ブログが抜けた日が、飲み過ぎた日と合致。

まあ、最近は酔っぱらって書かないように若干自己規制しているのだが、それでも、ここまではっきりとわかるとおもしろい。

月前半は、酒を抜こうと努力したため、4日続けて書いている(5日から8日)が、その後は、1日おきに、重めと軽めの飲酒。

そして、また、重めの飲酒が2日続いたのが2回。

なるほど。これで、肝機能低下の理由もわかるということだな。

と、今更ながらに気づいたので(^^ゞ

Filed under: — みやび仁(管理人) 8:56 PM

肝機能低下とかゆみ

最近、二の腕の内側とか、腹回り、首筋などにかゆみを感じることがある。

今日も、帰宅後、あちこちがかゆいので、確認すると、それぞれの場所に虫に刺されたような腫れだったり、アレルギーが出たような広めの膨れがある。

初めは虫さされかと思ったが、今日はあちこちに同様の膨れやかゆみがある。

そこで、ググってみた。

どうも、肝機能低下によってかゆみの症状が出る例は多いようだ。

なるほどな。

月曜日は大学のラグビー仲間と飲み、昨日も飲み会だったためか。

2日とも結構飲んでいると思われる・・・(^_^;)

肝機能低下といわれると素直に納得してしまう。

また、ちょっと、控えようかな。

Filed under: — みやび仁(管理人) 8:50 PM

ワインの出荷停止(神の雫)

今朝のsankeiEXの一面に載っていたもの。産経新聞のニュースサイトでも大きく載っている。

神の雫という漫画自体もドラマ化されたものも残念ながら見ていないのだが、その中で紹介されたフランスのワイン(1700円程度)のものが、なんと10万円以上で取引されていたという。

それを知った醸造元は、すぐさま出荷を停止したという。
「誰の手にも届く値段で抑えておきたかったからね」という言葉が、自分の仕事の価値を明確に認識しているもので、感動した。

日本酒や焼酎でも、突然何らかのきっかけでプレミアムが付き、高価となり、ほとんど手に入らなくなることがよくある。

記憶の限りでは、20数年前の「越乃寒梅」が最初ではないかと思い起こされる。

ただし、どんなにプレミアムが付いて高価になっても、基本的には醸造元(製造者)には、何十倍もの利益が入るわけではなく、途中で介在する人たちがピンハネする仕組みだと見ているがどうだろう。

ワインも日本酒も、その価値は、様々な場面であるにしても、その封を切り、「飲む」ところにあると思う。

その本来の価値とは全く関係ないところで値段がつり上がり、結果的に、価値を提供できるところが限られてしまう状況に、醸造元が「ノー」と言ったということに拍手したい。

Filed under: — みやび仁(管理人) 11:25 AM
2017年8月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
              
クラウド活用
目から鱗のTODOサービス
現在の私の超お気に入り
Nozbeです
Nozbe
              
Amazonで小説家デビュー
完全な長編小説(電子書籍)
です。 すべての原点かも(*^^)v
              
私の共同執筆本です
Nemoto Masaaki

  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

管理用