洗髪(シャンプー・リンス)

ヒゲとは真逆の心配である髪の毛についてもおすすめを紹介します。

たぶん、ひげ剃りの試行錯誤をしている時期と同時期だったと思いますが、抜け毛が気になってきました。まだ、20代後半。

その頃まで、髪の毛の心配などしたことが無く、バサッと切るとあとはヒゲと共に放っておいた学生時代は別として、やはり、手入れが気になりだしていました。

ところが、それどころでは無く、頭を洗うと洗面器に抜け毛がたくさん浮くことに気づき、また、枕にもごっそり?とその時は思ったほど抜け毛が目立ちだしたのです。

ショックは大きかったですね。単純に、その時の上司がほぼハゲと言われる状態だったことも気になった原因かもしれません(失礼→元上司殿)

そして、いつしかヒゲと同様の考えなりました。

確か、ヒゲ剃りに純石けんを使うことが書かれていた本に、髪の毛も純石けんで洗うことを推奨していたような気がします。ただし、初めはフケが多くなる等と書かれていて、リンス代わりに椿油を使うように書いてあったと記憶しています。

そして、それに従いました。

確かに、石けんで洗うとごわごわしたような気がしますし、フケが増えたような記憶もあります。

それでも、ヒゲなどと同じ考えでいくことが正しいような気がして続けました。

ただ、椿油は直接つけると髪の毛がペッタリしてしまい、薄めて使ってみましたが、量の調整が難しかったですね。そして、あるとき、イトーヨーカドーで石けんシャンプーと石けんシャンプー用リンスというものを発見したのです。

それ以来、この製品を使い続け、気のせいかどうか、抜け毛も気にならなくなり、整髪料などを必要と感じることも無くなり、それから十数年が経ちました。

髪の毛がフサフサに戻るわけもありませんが、50歳代中盤の現在もなんとか薄いけど、ハゲと言われることは無い状況を維持しています。

ちなみに、結構早い時期にイトーヨーカドーは取扱をやめています。それで、慌ててメーカーを調べました。松山油脂という東京都墨田区にある会社でした。

調べると、自社で通販サイトを運営していましたので、それからは、松山油脂のHPで購入するようになりました。が、しかし、正直言うと、到着が遅いのが欠点でした。たぶん、通常営業で通販の発送も行っているため、土日や休日を挟むと、注文から到着まで5日程度、連休などだと1週間くらいかかりました。シャンプーやリンスは、無くなって気がつくことが多いので、これは結構困りました。

その後、ナチュラルローソンで見つけましたが、近くにあるわけでは無く、やっぱり不便。

そして、また、アマゾンです。しっかり、取り扱っていました。

プライム会員ですので、当日配送も可能でした。

と言うことで、またもやアマゾンリンクで宣伝することとなります。(もう数年アマゾンでしか買っていませんので、松山油脂の直接通販は改善しているかもしれません。未確認です。申し訳ありません)

最近買っているのは、シンプルな石けんシャンプーでは無く、これです。

アミノ酸石けんローズマリーシャンプー

PHバランスローズマリーリンス

それぞれ、詰め替え用もあります。

シャンプー・リンスとしてはちょっと高めですが、自分としては大事な選択です。

 

Filed under: My Favorites — みやび仁(管理人) 9:53 PM

After shaving(ひげ剃りの後処理)

石けんと曲がる刃のカミソリでのひげ剃りで随分良くなったわけですが、その後のお手入れをしていないわけではありません。

やはり、ちょっとカサカサしてしまいますよね。

初めは確か椿油がいいと言われ、髪の毛にもひげ剃り後にもつけたりしたような気がしますが、なんとなくしっくりいかず、出会ったのが「馬油」でした。

ひげ剃り後のみならず、かさついた肌や洗髪後にも軽くつかってます。

髪の毛に対する効果はよくわかりませんが、肌にはいいですね。

これでひげ剃りについては、私としての完成プロセスです。

馬油はドラックストアなどにあります。できれば、日本製の100%(無香料)がいいと思います。私はずっとこれです。

 

Filed under: My Favorites — みやび仁(管理人) 7:37 PM

続・ひげそり

ひげ剃りのMy Favoriteは、カミソリ本体のみならず、いわゆるシェービングクリームをどうするかも大きい。

前に書いたように、大手化粧品会社のプレシェーブ、シェービング、アフターシェービングなどのクリームを使ってきたわけだが、自然派に変わりつつあるときに出会ったのが、石けんは純石けんを使いなさいというモノだった。

純石けんって何?と思って調べると、通常の石けんにはいろんな添加物が入っているそうな。それが、刺激となったり、時にはアレルギー的な悪さをするのではと思い立つ。

ところが、そのころ純石けんという無添加石けんというものは、ふきんソープくらいしか無かったと思う。

その一つはこれかなあと検索して見つけた。見覚えがあるので、この手のふきん洗い専門石けんっていうのを買って使い出したんだ。

使い出して、いきなりいい感じだったという記憶がある。

曲がる刃のカミソリと純石けん(無添加石けん)の組み合わせから、ひげ剃りが苦行から、1日をスタートする儀式に変わったともいえる。

ちなみに、最近はちゃんと無添加の石けんはスーパーなどでも売っているので、ふきん洗いなどというものを買わなくても大丈夫。

ということで、ひげ剃りにも使える石けんだが、もちろん、泡立ててつかうので、シェービングブラシは必要ですよ。これは、千差万別というか、好みの問題だし、なんと言っても値段の差が大きい。

私が、ここ数年使っているやつを紹介しようと思ったけど、今、出先なので探せず。ちなみに、安いのはやっぱり駄目なモノが多い。このブラシだけはある程度いいものを使うべきだと思う。

本当は、カミソリも通常の重みのあるフォルダーで曲がる刃の方が儀式としての気分は盛り上がると思うので、Schichがマーケティングをしっかりやり直して、いいもので復活させてくれるのを祈っているよ。

Filed under: My Favorites — みやび仁(管理人) 9:25 PM

カミソリ

まずはこれを紹介するしかないだろう。

たぶん、過去にも経緯を書いていると思うが、当時の状況から大きく変わってしまったので、改めて書くよ。

俺はヒゲが濃い。

たぶん、大学生の頃からヒゲを剃るか残すかは大問題だった。

基本は、ラグビーシーズンの始まる春先に床屋でヒゲを剃り、頭は確かスポーツ刈りだった。

それからは、ヒゲはあまり剃らないから伸びる。シーズン中は、口ひげだけ伸ばしていたときが多かったような気がする。そして、シーズンが終わった冬。全体を伸ばし、クマさん状態で過ごしていた。

そんな俺にとって、会社に入ってからのひげ剃りは、苦行だった。

とにかく、電気カミソリから高い安全剃刀まで試した。時はあのバブル時期。愛読していた雑誌ターザンでは、男の身だしなみ特集でヒゲがよく出ていた。

クリニークやアラミスが、プレシェーブローション、シェービングクリーム、アフターシェービングクリームや乳液などをセット販売し、それを特集していたので、毎週半ばにはカミソリ負けして大変だった俺は飛びついた。

一ヶ月のセットで1万以上するシェービング用の化粧品類を購入し、何となくいいと思っていた。

しかし、気づくと月曜日はいいが、火曜・水曜でヒリヒリ感や剃刀負けがひどくなっていった。酒の飲み過ぎで皮膚に来ているんだと言われればそうかと納得し、ますます高い製品を薦められた。

ふと、昔を考えた。こんなにも多くの化粧品?を使って維持する皮膚とは何だ?昔からそんなに人類は皮膚に気をつかってきたのか?

バブルの後期、自然派というのか、特別なモノを使わないという方向に変わってきていた。

そんなとき、北海道に転勤になり、たまたま上司から「ひげ剃り負けするなら顔のカーブにそってカミソリの刃が曲がる」シックのカミソリがいいぞと薦められた。

そして、それはそれまでの苦労が何だったのかと言うほど、問題が無くなった。化粧品関係も止め、単なる石けん剃りで、一週間大丈夫。

それから約25年。

いや、10年近く前からシックはこの曲がる歯を表舞台から消しつつあった。

当時は、確かSchickFXとか、いくつかのブランドでこの曲がる刃を2枚にしたり、3枚にしたりして出していた。が、どんどん廃番?になり、気づくとどこでも替刃が無くなっていった。

他のカミソリメーカーは同様のものは一度も出したことが無いから、たぶん、Schickの独壇場だったのだと思う。

それが、こっそり復活していた。それも、刃を交換できない使い捨ての安い製品として、ドラッグストアとか、ホームセンターの大安売りで時々見かけるようになった。

見つけたときは狂喜乱舞、すぐ棚にある在庫をすべて購入。それでも安い。安売りの時は10ヶくらい入って500円前後だったりする。それは、今も同様だが、最近見かけることが多くなっている。

たぶん、この剃り心地を知っている本当の髭男が世の中にたくさんいるってコトだろう。

その名も「Schick XTREAME3」。今、洗面台でチェックしたが、100個くらいあるので、毎週替えても2年は保つか。

と言うことで、大絶賛したので、念のためAmazonもチェック。ああ、あるじゃんか。恐るべしAmazon。一番大袋で15個入り757円でした。これまで見た中でも最安値だ(^_^;)

Filed under: My Favorites — みやび仁(管理人) 9:33 PM

大人だもの

すでに54歳になったって話は、若干内緒だ。

このブログも復活といいながら、やっぱり忘れているのは歳のせいだ、と思う。

書くことがないということとちょっと書くのはFacebookになってしまうからかもしれない。ただ、ホームページに残す手前の情報とFacebookでの短期的情報の中間点にブログが残っているかもしれないというのが今の感覚だ。

と言うことで、じゃあ、ブログで何を書くかと言う点は、結構前から考えていた。

それは、54年の試行錯誤とその結果、自分の当たり前になったものを紹介すると言うことなんだ。記録と共にせっかくの自分の苦労を子供たちか、見ず知らずながら悩んでいる人たちに情報として提供できると思っている。

今となっては、自分にとって当たり前なことが、結構人の役に立つこともあると思えてきたというわけだ。

前置きはこの辺で,新規カテゴリーとして「My Favorites」としてまあ、気長に書いてみるつもり。

 

Filed under: My Favorites — みやび仁(管理人) 9:01 PM
2017年10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
              
クラウド活用
目から鱗のTODOサービス
現在の私の超お気に入り
Nozbeです
Nozbe
              
Amazonで小説家デビュー
完全な長編小説(電子書籍)
です。 すべての原点かも(*^^)v
              
私の共同執筆本です
Nemoto Masaaki

  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

管理用