無事終了しました:かものはしプロジェクト説明会

私が幹事で開催?したNPO法人かものはしプロジェクトの説明会「二木会」は無事終了しました。

思った以上に集客に苦労したが、もう一人の幹事の方の関係とリピーターの方で、最終的には、立ち見が出るほどだった。

ホッとしたというのが本音。

当日、役員会議の後の会合をキャンセルして来てくれた人の会社から、彼にも言わずに来てくれた女性社員もいて驚き。結構、有名になっているようだ。

この活動は、もちろん多くの人に支えていただかないといけないが、かといって、一気に大きくなりすぎることはリスクが大きいとも思っている。

今のように、人のつながりを一歩ずつ広げていく活動で進むべきだと実感した。

身の丈に沿って、少しだけ視線を上げて進むべし。

それにしても、若い人の活動というのは、どんどん変化していく。このようなパワーがあれば、日本の未来も心配はないと改めて感じた。

皆さんも、一度体験に来てみてはいかがだろうか。

毎月第二木曜日開催です(それで二木会)

次回は、2/10になりますね。興味のある方は、このブログにコメントするか、私のホームページのお問い合わせから連絡ください。

Filed under: かものはしプロジェクト — みやび仁(管理人) 10:20 PM

明日開催:かものはしプロジェクト説明会

早いものだ。

とうとう明日が説明会。結構意気込んで集客をしようと思っていたし、会場に入りきれなかったらどうしようなどといらぬ心配をしてしまった(;´_`;)

もう一人の幹事の方は10人以上をコミットメントしているので、うまくするとそれなりの人数になるかもしれない・・・と期待している。

まあ、人集めだけが目的ではないので、もう諦めよう。

それでも、東海村から駆けつけてくれる後輩もいる。ありがたい。

これも一つの区切りイベントなので、淡々といこうかね。

かものはしプロジェクト説明会案内

当日でもOKです。事前にNPO法人かものはしプロジェクトの事務局へ電話を頂くとありがたいです。

よろしく。

日時:2011年1月13日(木)19:00~21:00
 
 (事務所での手作り懇親会参加の方は、21:00~22:00頃まで)
 
 第一部(19:00~20:15)かものはしプロジェクトの紹介
 第二部(20:20~20:50)最新情報やご協力をお願いする事項説明
 懇親会(21:00~22:00頃)希望者のみ、事務所で軽食と飲み物を出します
 
 場所:渋谷区桜丘町31-8 渋谷ビレッヂ南平台2F
http://www.kamonohashi-project.net/about/access/
    (かものはしプロジェクトの事務所です)
    電話:03-6415-7744
 費用:無料(懇親会参加の方は3000円程度になる予定です)

Filed under: かものはしプロジェクト — みやび仁(管理人) 9:39 PM

集客は難しい

かものはしプロジェクトの説明会(1/13)の集客のため、Facebook、コンラボメーリングリスト、自分のメルマガで案内したという話は前回した。

が、なんと、反応はほぼなし。

現在のところ、昼食会メンバーの2人が参加してくれるのみ。

やっぱり、完全な知り合いしか無理だと悟ったので、高校時代の友人やセミナーでの付き合いなど、東京にいる個人的な友人へメールを送った。

確かに、いきなりこのメールに反応するのは難しいのかもしれない。

それでも、15人くらいは自分で集めたいものだ。

聞いてみる価値はありますよ。

私のホームページでの案内。(URL短縮サービスを使っています)
http://bit.ly/fbHrW2
 
【NPO法人かものはしプロジェクトのホームページ】
 http://www.kamonohashi-project.net/

Filed under: かものはしプロジェクト — みやび仁(管理人) 10:03 PM

集客活動:かものはしプロジェクト説明会

来年の1月13日も、この調子だとあっという間に来てしまうという強迫観念が襲ってきた。

メルマガでは前から宣伝しているが、反応なし。

そこで、今日は、数少ないネットワークのFacebookとコンサルタントラボラトリーのメルマガに案内を流してしまった。

それぞれ数百人ベースのネットワークなので、できれば20人集まってくれれば御の字と考えている。

やっぱり、集客って難しいなあ。メリットを提示することが難しいというのもある。心に響いてくれなければ、ゼロかもしれない。

と、若干弱気で年の瀬を迎えそうだ。

Filed under: かものはしプロジェクト — みやび仁(管理人) 6:56 PM

Facebookでイベントを紹介するには?

時々、Facebookの友達からイベントに招待される。

また、イベントとは違ったファンページというのもあるようなのだが、違いがよくわからない。

イベントはたぶん自分の友達を招待することができ、その案内を掲示することができるサービスなのだなあという理解をしているが、本当?

1月13日に開催するNPO法人かものはしプロジェクトの説明会をイベント化して掲示しようかな、と思い立ったのだが、既に友達になった人への招待しかないのだろうか。

みんなが見られるような掲示板などはないのだろうか。

まだ、それほど友達の数が増えているわけではないので、効果が少ないのではと思っているのだ。

うまく活用できていないFacebookだなあ。

Filed under: かものはしプロジェクト,日記・コラム — みやび仁(管理人) 9:35 PM

二木会(かものはしプロジェクト)

ホームページに、NPO法人かものはしプロジェクトの説明会である「二木会」の案内ページを作った。

取り急ぎなので、簡単ではあるが、ぜひ確認あれ。1月13日の二木会の幹事は、自分なので、定期的に宣伝するつもり。

児童買春・人身売買・・・日本にいれば信じられない現実がある。

人ごとではなく、この現実を直視して活動している団体を応援したい。

まだ、20代の若者が、フルタイムで活動している。すでに、9年間。

成果も挙げつつある。有名人や大企業に頼らず、なるべく多くの人たちに、現実を知ってもらい、少しずつ応援をしてもらう。

施しでなく、自立支援。極貧層の女性が自立できるように、自分たちで営業も製造も行い、マネジメントすらできることを目指している。

すこしでも応援したい。

NPO法人かものはしプロジェクト

Filed under: かものはしプロジェクト — みやび仁(管理人) 10:14 PM

かものはしプロジェクト

最近、勉強会をしている方から「かものはしプロジェクト」の説明会があるので、ぜひ参加くださいというメールを頂いた。
http://www.kamonohashi-project.net/
HPを見てみると、カンボジアの児童売春をなくすための活動をしているという。

一瞬、寄付集めの集会か?と思ったが、その方が幹事をするということなので、変な事はないはずと、あまり確認せずに出かけてみた。

驚いた。

3人の20代の若者が共同代表として運営しており、一人はカンボジアに駐在している。

そして、そのきっかけは、村田さんという女性が、大学生の時に児童売春という話を聞き、現地で実際にその子供達(収容施設を訪問)と過ごしたことに始まるという。

その衝撃的な現実に何かしなければと思い、帰国後行動を続けたことが、同年代の二人の社会起業家を目指す若者を動かし、9年目に入っている。

国内での企業向けの収益事業も行っているが、寄付を集めて配るということではなく、最貧層の女性に絞って、彼女たちが自分たちで働き、収入を得ることを支援している。

現地で、観光客向けのお土産物を地元の原材料で製作し、ホテルやお土産店で売る営業を行う。

幹事をされた方の挨拶で、まだまだ活動としては弱いところがあると指摘されてはいたが、現地で地道に活動するということがどれほどの力となっているか、正直感動した。

懇親会の席上で、なぜか、1月の集まりには私が幹事をするという話となってしまったが、素直に受けることにした。幹事の役割は、端的に言うと集客にあるので、人を集めて、この現状を知ってもらうことが、活動を支えているのだ。

寄付をすることだけが支援ではない、と言う。

一番重要なのは、この現実を多くの人に伝えると言うことだ。

毎月第二木曜日に行われているので「二木会」と名づけられている。
1月は、1月13日(木)になるので、この日に渋谷の事務所で行われる「二木会」への参加者を募集します。

少し早いので、12月に入ったらあちこちで集客活動をしようと思っているが、ぜひ皆さんでHPを確認し、広めていただきたいと思っている。

「NPO法人かものはしプロジェクト」ホームページ

Filed under: かものはしプロジェクト — みやび仁(管理人) 5:05 AM
2017年10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
              
クラウド活用
目から鱗のTODOサービス
現在の私の超お気に入り
Nozbeです
Nozbe
              
Amazonで小説家デビュー
完全な長編小説(電子書籍)
です。 すべての原点かも(*^^)v
              
私の共同執筆本です
Nemoto Masaaki

  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

管理用